なぜ、1人1台タブレットが必要なのか。

『1人1台タブレット』の予算の問題の前に、
児童生徒の心身への悪影響を明確にする必要はないでしょうか。

私は、以下のニュースを読んで、身震いするほど恐ろしくなります。

みなさんは、どうでしょうか。

『1人1台タブレット』を謳う理由は、誰のために、何のために
目標として掲げられているのかを考えてみてください。


http://「教育用ICT市場」は2015年度186億円 2020年度には2015年度比約8.3倍の1,547億円の見込み
エコノミックニュース 2016.11.30

政府は、2020年度までに「1人1台のタブレット」を実現することを目標に掲げ、現在は教育現場で様々な実験が行われている。最大の課題は「1人1台」のタブレットで利用するデジタル教科書であるという。現在、デジタル教科書は、紙の教科書をデジタル化したものにすぎず、その位置づけは教科書ではなく、教材に位置付けられている。デジタル教科書が紙の教科書にとってかわるためには、法律の改正をはじめ様々な課題があるが、2016年になり、デジタル教科書も紙の教科書とのすみわけが始まっている。

 そこで、シード・プランニングは、国内の教育ICT市場動向に関する調査を実施し、その結果をまとめた。

 教育ICT分野の調査は2009年に始めて今回が7回目の調査となるという。前6回の調査では教育ソリューション関連の情報が不足していたが、今回は教育ソリューション関連情報の充実に努め、電子黒板、教育用タブレット、デジタル教科書、教育用ソリューションンの4分野での教育ICT市場規模を明らかにした。

 電子黒板、教育用タブレット、デジタル教科書、教育用ソリューションの4分野合計の「教育用ICT市場」は2015年度186億円。2020年度には2015年度比約8.3倍の1,547億円が見込まれる。この内、4割強が教育用タブレットの市場となる。

 これまでの電子黒板市場は政権交代などの影響を受け毎年増減の幅が大きかったが、今後は安定的に導入が進み、出荷台数は年率20%程度成長すると予測した。2015年の出荷台数は85,000台と推計。2020年の出荷台数は25万台と予測している。

 教育用タブレットの2015年の出荷台数は65,000台と推計。一部の先進的な自治体が先行して「1人1台」の実現に動いているが、大勢としては政府の予算措置待ちというところが多い。政府は2020年までに「1人1台のタブレット」の実現を計画しているが、2020年の対象となるのは小学生で中学生は翌2021年度となる。高校については動きが鈍く2022年度の実現は難しい状況になっている。したがって、教育用タブレットの導入は政府が予定している2020年度近辺に集中すると想定した。2020年の出荷台数は160万台と予測している。

 電子黒板用で使う教師用デジタル教科書は2005年から販売が開始された。学習指導要領の改訂に合わせ教科書各社は2011年に小学校用、2012年に中学校用を一斉に販売した。文部科学省の教師用デジタル教科書整備状況調査では、2014年度で小学校の43%、中学校の46%が整備済みとしている。学習者用デジタル教科書は、小学校の発行済み教科書数の56%でデジタル版が発売されているが、教科書扱いではなく「教材」扱いとなっているとしている。(編集担当:慶尾六郎)

 


今、教育現場の環境整備がものすごいスピードで進んでいます。

教育界にとって、今回の教育改革は、江戸時代から明治時代へ移り変わる時の変革のように、
あらゆる物や事が変わっていくでしょう。

そのための思考の転換が、今の現役教師に求められているのです。

この物理的環境の改革によって、教師の思考や子どもの思考は低下し、
意思をもたない規格化された人間へと近づきます。

従来から義務教育システムとは、そのための制度ですが、
環境面での改革から、さらに拍車が掛かるでしょう。

 

タブレットやICTを使いこなすスペシャリストがいない現場で、
成長期の児童生徒にタブレットを持たせることへの健康面(視力、脳機能)の不安。
また、思考力や身体知が低下していくことは目に見えています。

1人1台タブレットの実験は、適切な教育改革・実験ではなく、人体実験に思えてなりません。

私はこれまで、この教育改革が向かう方向の危険性を3つの観点から述べてきました。

一つ目は、学習指導要領などの変わる方針や文言。

二つ目は、現場のリアルに起こっていること。

三つめは、子どもへの直接的な影響。

この三つの観点をおさえながら、以下の記事をお読みください。

決して、「1人1台タブレット」は、子どもの健全な成長と、高い思考力、
感性、身体知などと結びつかないのです。

つまり、子どもたちのためではないということが、これまで考えてきてた私の結論です。

【なぜ、タブレットが必要なのか。】

文科省「次世代の学校指導体制実現構想」示す。

2020教育改革IQを追い求めてきた義務教育から「深い学び」に転換!人工知能と学習指導要領改訂

教育改革のキーワードは「人工知能」と「深い学び」なぜ教育現場にタブレット・電子黒板を普及させる必要があったのか。

【変わる教育現場】
デジタル端末子どもの発育に悪影響!変わる閉鎖的教室空間ICT化,IoT化へ

ICT教育2020年までに教員5万人に研修始まる

ICTやIoTを活用した教育環境を構築する義務教育の目的
【なぜ、ロボットなのか。】

プログラミング教育支援小中学校に3年間のロボット無償貸し出しは、社会貢献?!

教育改革とCHANEL2017春夏コレクションロボットモデル

発達障害をロボットで支援し自己肯定感高める実験の危険性。

【プログラミング教育とロボット現場介入は人の思考能力低下に繋がる】

21世紀型教育と言われるプログラミング教育の実際

義務教育の環境整備進みプログラミング教育とデジタル教科書が流行る理由

教育改革・グローバル教育の3つの観点は子どもの思考を浅くする

キャリア教育とIoT授業プログラムが目指す利便性・効率化・豊かさの解釈