女の子のハナシシリーズ。

今回は「働く編」で「社会で働くこと」の話をしたいと思います。
生理ー「高崎市高校生・新生児死体遺棄逮捕」を受けて。
女の子のハナシー恋愛ー「女性の婚姻年齢18歳へ引き上げ」を受けて

先日、以下のニュースが報道されました。【下記参照】

・新任教師過労死ライン超え
・電通女性新入社員の過労死

この2つの出来事を受けて、現実の「働く」ということについて知り、
未来の「働く」ことを、全国の子どもたちに考えてほしいと思っています。

その人達に向けて、以下記します。


http://新人教員「過労死ライン」超え 部活指導が負担 名古屋
2016.8.23 朝日新聞

『今年4月に新たに着任した名古屋市立中学校の新任教諭の「残業時間」が、月平均で100時間に迫ることが愛知県教職員労働組合協議会(愛教労)の調査でわかった。国が定める「過労死ライン」(月平均80時間)を超えていた。主な要因には、部活動の対応などがあるという。

愛教労が22日、発表した。市立中の教諭はパソコンで出退勤時間を記録しており、市教委が行った初任者研修会の対象者65人全員分のデータを愛教労が分析した。勤務時間(午前8時15分~午後4時45分)以外の在校時間を「残業」と見なした。

月別平均は赴任直後の4月が93時間、5月が89時間、6月が98時間で、毎月20人以上が100時間超だった。最多では4月に177時間、6月に197時間の教員がいた。ほとんどが部活顧問を担当していた。

厚生労働省は、1カ月間に約100時間、または2~6カ月間に1カ月あたり平均で約80時間を超える時間外労働(残業)をした場合に、脳出血脳梗塞(こうそく)などの過労死の危険性が高まるとしている。

愛教労が昨年度の新採用104人のうち25人を抽出して調査したところ、新任の昨年度の「残業」は月平均91時間だったが、2年目の今年度になると月平均で100時間を超えており、さらに負担が重くなっていたことも判明した。

愛教労の岩澤弘之議長は会見で「学校が『ブラック職場』になっている。これではいい教育ができない」と指摘している。(増田勇介、佐藤英彬)』


http://「いのちより大切な仕事はない」 電通過労死社員の遺族
2016/10/8朝日新聞
http://電通・東大卒女性社員が過労死「1日2時間しか寝れない」クリスマスに投身自殺
2016/10/8産経新聞
広告大手の電通に勤めていた高橋まつりさん=当時(24)=が昨年12月に自殺したのは、直前に残業時間が大幅に増えたのが原因だとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが7日、分かった。遺族代理人の川人博弁護士が明らかにした。認定は9月30日付。

 川人氏によると高橋さんは東大卒業後の昨年4月、電通に入社し、インターネット広告などを担当した。本採用となった10月以降、業務が増加し、11月上旬にはうつ病を発症したとみられる。12月25日、東京都内の社宅から投身自殺した。発症前1カ月の残業時間は月約105時間に達し、2カ月前の約40時間から倍増していた。

 母親の高橋幸美さん(53)=静岡県=は記者会見し「過労死が繰り返されないよう、企業の労務管理の改善と、国が企業に指導を行うよう強く希望する」と話した。』


 

 

現実の「働く」を知り、
未来の「働く」を自分の頭と心で考えよう

 

ここからは、みんなで「働く」ということについて考えてみましょう。

君たちは、なぜ今、一生懸命に勉強をしているのですか?

その答えを的確に言える人はいるでしょうか?

「やらなきゃいけないから。」
「将来、困らないように。」

皆、口をそろえてこう答えるのは、
学校と家庭で、君たちをそのように教育しているからです。

「将来、働く時の選択肢を広げておきなさい。」
「少しでも偏差値の高い学校に行くことがあなたにとって一番よいこと。」
「一流企業に入れるといいわね。」

そして、大人は最後にこう言うでしょう。

「君のことを思って言っているんだよ。」

この台詞は、耳にたこができるほど、私はよく聞いてきたし、
私自身も教師として、児童生徒に幾度と言ってきたことを反省しています。

 

心から君たちを想うならば、そして信じるならば、
自由に君が没頭し、集中する時間を奪わなければよかったと後悔さえしています。

今、働くということは、相手の意図したことを上手く受け止め、
形にしていくことです。

それが上手にできる人ほど、昇進していきます。
キャリアを積めば、その分責任(鎖)と共に給料は増えます。

「そんなのは嫌だ、俺は自由に生きたい。」
「起業でも何でもする。」
そんなことを思った君に一言。
「起業しても、一般企業に勤めても、公務員でも、働く本質は同じ。」
だと言うこと。

 

私たちは皆、異なる仕事をしているようで、差ほどの違いはありません。

クリエイティブな才能とか、コミュニケーション能力が高いとか
巷で言われていることは、他者の意図を形にしていく能力のことです。

つまり、自分の意志を無くして働くということ。
しかし、多くの大人は、自分の意志さえ分からなくなっているのです。
自分の意志で働いていると勘違いしている人もいます

お金になるか、ならないか?
効率的か、非効率か?

そのような浅い基準でしか「働く」ことを判断していないのです。

本当に世の中をよくするための商材やアイディアは、
その過程で、潰されたり、奪われたりしているのが現状です。

だから、自分の才能を発揮できない。

そして、自分の才能だと思っているものは、
大概そう思わされていることが多い。

義務教育の学校では、才能を伸ばすことを教えられません。

理由は、一人一人の個人の才能や能力は今の社会(未来は違うかもしれない)
必要ないからです。

だから、才能を開花させて、ありのままに生きている人を見ると
とても稀有な存在であることが解ります。

日本人にも数人いるか、いなかだと私は思います。
何事も、自分で考えてみることが大事です。

私がここで、述べることも全てではなく、今の私の経験値からの知恵であり、
それもまた、変わる可能性があるということ。

君も、今ここから、働くということについて自分で考えはじめよう。

時に疑ってみたり、疑問をもったり、
何よりも、自分の声に素直になることも必要かもしれない。

では、次は、

人は一人では生きられない。
でも、集団になると決まりは必要なの?

について、考えていきたいと思います。

では、また明日!

あん